資産運用・投資信託・老後資金・生活設計・不動産・相続の悩みを、国際上級ファイナンシャルプランナーが、プロの視点から相談・解決します。(東京)

50歳からの、あなたのどんな不安と質問にも答えます。

老後資金とお金の悩み解決センター

住所:〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
主要活動地区:東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

9:00〜20:00 ※土日祝も可

60歳以後で、住宅ローンを軽くする方法とは?

マンション、いつまで住む?

今、住宅ローンの返済が、定年後60~70歳まで続く人が、かなり多いです。

60歳でも住宅ローンが残る方の場合、平均900万円以上残っているというデータがあります。

さらには、結婚が遅く、まだ子供が大学を卒業していない場合も、しばしばです。

繰上返済するかどうか?という相談もありますが、こんな年代まで返済を続けるべきか?も考えましょう。

定年後に重い住宅ローンを返していると、とても老後の生活が苦しくなります。

1つの対策として元本と利息を返すのではなく、利息だけを返すという方法があります。

返済がかなり少なくなるので、生活が安定します。

高齢や介護に備えた住み替えと改造、改築

すでに家や土地を持っていて、ローンの返済も済んだ中高年の方・・

安心のはずですが、これで「安泰」ではありません。(23区以外、郊外地域、戸建)

固定資産税、修繕費などが相当かかる。(維持費:30年で600万円ほど)

使わなくなった2階の子供部屋、

今後手入れが大変な庭

バスや坂道、店の減少など不便な地域

空き家が増え続けている(今空き家が800万戸以上あり、2033年に3割が空き家)

病気や介護は、どうしますか?

使えるお金は、手許にありますか?

車、駐車場などの費用

子供が家を相続したがらない

不動産が価値がある今のうちに、「便利で良いところに住み替える」という選択をした方が良いかもしれません。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

無料相談実施中!
(面談30分)
コロナ対策有

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 ※土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

プロフィール

代表 半田 典久
資格
  • 国際上級ファイナンシャルプランナー(CFP)
  • 行政書士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士

ご連絡先はこちら

老後資金とお金の悩み相談センター

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

主要活動地区

東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江、練馬、日野、多摩

電話受付時間

9:00~20:00 (土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

親の遺言と相続の専門相談センター(調布)

相続・遺言・家族信託・離婚については、以下をクリックしてください。

詳しくはこちら

FPファイナンシャルプランナー探しネット

詳しくはこちら