資産運用・投資信託・老後資金・生活設計・不動産・相続の悩みを、国際上級ファイナンシャルプランナーが、プロの視点から相談・解決します。(東京)

50歳からの、あなたのどんな不安と質問にも答えます。

老後資金とお金の悩み解決センター

住所:〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
主要活動地区:東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

9:00〜20:00 ※土日祝も可

ページ見出しを補足する文を書いてください(例:Welcome to Yamada Company)

賢い人は、余計な保険に入らない。
あなたの「保険常識」間違っていませんか。

保険は、そもそも何のために入っているのか?

この根本が分かっていない、考えていない人が多い。

保険が必要なのは、預貯金では、絶対払えないほどの、大きなリスクがある場合のみ。

預貯金で払える程度であれば、保険は全くいりません。

損害保険のように、自動車の人身事故、住宅の火災など、数千万円以上という大きな金額の場合に、保険が必要です。

しかし、生命保険では、このような大きなリスクはあまりありません。

強いて言えば、夫のみが大黒柱で働いていて、子供が小さいときくらいの死亡保険くらいでしょう。(子供が大きくなれば、必要なくなる)

共稼ぎが多い現代は、死亡保険もあまり必要がありません。

昔から、本や雑誌で警告が多いのに、まだ保険ですか?

あなたがつい入りがちな保険、これは基本的に「損する仕組み」です。

何となく、不安にさせられて、入れば入るほど、家計が苦しくなります。

本当に必要な生命保険は、あまりありません。

(不安なら、不明朗会計で、手数料が多い保険でなく、明朗会計、割戻金も多い共済で)

間違っても、人にすすめられてはいらないことが一番重要

特に中高年新規加入は、多くはムダ金になります。

Q:終身保険は必要ですか?

ほとんど必要ありません。

葬式代とか言いますが、葬式も今や家族葬などもあり、非常に安価になっています。

そもそも、保険は亡くなったら、あとの人が生活に困るから入るというのが目的です。

かなりの人が、80~90歳まで生きる時代において、その年代で亡くなった場合に、そのお金の必要性が、ほとんど考えられないということです。

Q:学資保険は、良い商品ですか?

今は低金利の時代です。

学資保険の一番の目的は、子供の将来の学資のためのお金をためること。

学資保険では、低金利で、増えないばかりか、元本割れも起こします。

もっと、お金をためる、お金を増やすには、積立て投資の方が良いです。

無料相談実施中!
(面談30分)
コロナ対策有

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 ※土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

プロフィール

代表 半田 典久
資格
  • 国際上級ファイナンシャルプランナー(CFP)
  • 行政書士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士

ご連絡先はこちら

老後資金とお金の悩み相談センター

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

主要活動地区

東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江、練馬、日野、多摩

電話受付時間

9:00~20:00 (土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

親の遺言と相続の専門相談センター(調布)

相続・遺言・家族信託・離婚については、以下をクリックしてください。

詳しくはこちら

FPファイナンシャルプランナー探しネット

詳しくはこちら