資産運用・投資信託・老後資金・生活設計・不動産・相続の悩みを、国際上級ファイナンシャルプランナーが、プロの視点から相談・解決します。(東京)

50歳からの、あなたのどんな不安と質問にも答えます。

老後資金とお金の悩み解決センター

住所:〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
主要活動地区:東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

9:00〜20:00 ※土日祝も可

外貨建て保険、苦情殺到です。カモにならないために。

もう、保険で損することは、やめませんか?

外貨建て保険は、「苦情・問題多発」商品です。
数十万~数百万円の大損している人が、沢山います。

被害者からの電話が多い商品です。大量に売られています。
銀行、保険ショップ、保険営業に、最大限警戒しましょう。

NHK「クローズアップ現代+」H30.10.30放送
金融商品トラブルが非常に多い!

街で非常に良く売られている「外貨建て保険」商品。

大手の銀行や保険会社の看板を、まだ信じている人から、山のようなトラブルです。

「カラクリ」に気が付いた人から、クレーム・苦情2500件以上消費者センターなどに来ています。

(日経:H30.12.12に問題の報道記事あり)

(R1.6月にも、朝日や日経に問題記事あり)

正確な説明をしたら、買う人がほとんどいなくなるのが「外貨建て保険」です。

なぜ日本にいるのに、米ドルや豪ドルなど「外貨建て」保険なのでしょうか?

リスクに備えるのであれば、日本円の保険に入れば、十分です。

すでに多くの人は、十分な保険に入っています。(年間40万円、月約3万円強)

なぜ、こんなに、あちこちで勧められるのでしょうか?

その理由は、手数料が高く(初期に7%程と推定)売る人がすごく儲かるからです

今、銀行では外貨建てが9割です。(誰でも構わず、勧めています)

融資で儲からないので、手数料で稼ごうということのようです。

(銀行内部の人の話では、多額の預金があると、、すぐ営業ターゲットにされるようです。)

初期の支払いが1000万円なら、ただ売るだけで70万円が手数料です。

投資信託の手数料が話題になりがちですが、恐らく2倍以上のバカ高い手数料です。

生命保険商品は、多くの会社で手数料が表示されませんので、不明朗なだけでも大問題です。

数字だけ見ると、商品の利回りが高いように書いていますが、実際はトリックです。

そうではありません。預金の利子と単純に数字だけで比較してはいけません

例えば、積立利率「3%」とか・・素人が、「低金利時代に、こんなに高い利回り!得だ!」と素人が勘違いするように、数字が書かれています。

預金が、0.01%に比べれば、「すごく得だ!」と考えても不思議ではありません。

保険と言っていますが、むしろ現実は「運用・投資商品」です。

為替に投資していることになります。

為替は、株式より予想が付きにくく、動く幅も同程度、むしろ株式より危険でしょう。

これも、保険だから安心?とか元本保証?とかを感じさせることで、錯覚させています。

さらには、多額の「運用での集中投資」という最悪の状況になります。

ドルや豪ドルなど、1つの通貨に集中投資するのですから、リスクが集中します。

安心・元本確保どころか、元金を大きく減らす可能性があります。

実際、それに気が付いた人からのクレームが山のように来ています。

複雑な商品なので「錯覚させやすい商品」がです。仕組みが分かる人は、ほぼいません。

説明資料は、ものすごく複雑に書かれています。

素人では、「何を言っているかわからない」です。

解約する時に大きく減った、実際の利回りが低いことに気が付いた人からのクレームです。

商品により内容は違いますが、どれも安全、大丈夫のような「錯覚」を与えます。

<買う人が持つ錯覚の例とは?>

保険=リスクに備えて安心?今より、安心度が高まる?

終身保険=一生これで安心?

お金が増えるかも?=良いことじゃないか?

将来になるほど、受取が増える?=良いことじゃないか?

毎年決まったお金がもらえる=預金より得なのでは?

お小遣いがもらえる=何かトクした感じ??

利回りが高い=日本の預金よりずっと得では?

保険=投資ではないので安全?元本保証?

このような、数々の事実とは違う素人が勘違いする「錯覚」を生み、つい契約しがちです。

しかし、「デメリット」は、こんなにあります。

★デメリットは、「読めないような小さな文字、専門用語など」で書いてあります。

複雑で「何を言っているか分からない」ように書いてあります。

1.為替が思った方より、逆に振れたら大損。(バクチと同じ)

2.10年以内とか短期で解約したら、大損。(数百万円の損)

3.元本を上回るのは、ものすごく長い期間が必要。(つまり、ずっと元本割れ)

4.利回りは、良くない。(数字のマジックで、実は日本の利回りと変わらない)

5.契約した人が、結局全部のリスクを負っている。(売る人は、ノーリスク、手数料で儲かる

6.保険期間中、ずっと保険に必要な費用を払っている。(いらない保険だったのに)

保険会社は、「どうしても保険が売りたい」のです。

7.途中解約しようと思ったら、さらに大損になるので、解約を思いとどまる。

結局「長期間逃げられない」「10年以上も運用の機会を失う」ことにもなります。

解約の損か、損を無くそうと思って、増やせる時間を失うという「ダブルの損」。

一旦買ったら、「どうしようもない」ということです。

つまり、買う人には、デメリットしかないと言っても良いでしょう。

これら商品は、数百万~1000万円ものお金を「一時金」で払います。

つまり、外貨(米ドル、豪ドル)などに、集中投資をすることになります。

保険というより、リスクの高い投資そのもの、さらに危険度が高い「集中投資」です。

多額の集中投資は、投資の中でも最も避けなければいけない。

元本確保といっても、「外貨基準での元本確保」です。

「日本はゼロ金利、海外は金利が高い・・だから海外がトク」というのは「素人判断」。

本当にそうなら、金融のプロも、円を全部海外に投資すれば良いのです。

日本人全員預金も、全て金利が高いドルにすれば、良いのでは?

プロで、そんなことをする人はいません。トクではないことが分かっているからです。

利回りの差は、あとで為替で調整されるので、結局何も得にはならないのです。

そういう理論の背景があるので、「海外の高利回りが有利」と思うのは素人だけです。

ずっと昔から、為替でさんざん損をしてきた生保が勧める為替商品という矛盾。

クレームや苦情が、2500件以上と、昨年の3割増し。(気が付かない人も多数)

60歳以上からのクレームが多く、80歳以上の高齢者は、家族からのクレームだそうです。

今頻繁に相談されるのは、判で押したように「外貨建て生命保険」です。ご注意を!

外貨建て保険のクレームの実態とは?。

国民生活センターには、下記のようなクレームが沢山来ています(HPより引用)

70歳以上が半数で、平均購入金額が1000万円と高額。

米ドル建て、豪ドル建てが多く、一括払い、分割払いもある

「元本保証」とか「老後資金の希望」に対して、良く分からないのをいいことに、勧誘で非常に広く売られています。(銀行、生保)

この情報を見ても、明確に「高齢者狙い」、「判断力が低い人狙い」の悪質な商法です。

しかし、50代などでも買って被害にあっている方は、多数います。

まだ、損失に気が付いていない人も、多数いるのではないでしょうか?

「無料ライププランセミナー」とか「無料保険の見直し相談」とか言う名目で人を集め、そこで勧誘されたという話も、良く聞きます。

無料セミナーとか、無料相談会などは、きわめて危険です。

国民生活センターのHPに詳しく書いてあります。

外貨建て保険のトラブル(国民生活センター相談事例)
出典:金融庁市場WG資料

「預金と同じ、元本保証、老後資金になる、良い商品」など「安全・安心」を強調します。

しかし、まったく、そんなことはありません。

「ちっとも増えない、手数料が高い、簡単に解約できない、元本割れ起こりやすい」など、

デメリットが非常に多い、「危ない商品、始末に負えない商品」の典型でしょう。

「知らない人、分からない人、高齢者、断れない人、貯金が多い人」・・きわめて危険です。

昔から、本や雑誌で警告が多いのが、保険です。

中高年は、生保の「〇〇保険」は、全部忘れてください。

保険は、お金を減らすもの。損する仕組み。

特に中高年は、将来(老後など)に向けて、増やす必要があります。(減らしてどうする?)

「〇〇保険で、お金を増やす」とかいう商品がありますが、必ず保険がセットになっており、ムダ金を払います

もう、何らかの保険に入っており、多くの方は、保険が不要になる程度のお金があります。

むしろ保険を減らすことを考えるべき年代です。

不安なら、保険(不明朗で高い手数料)より、共済(安い、明朗会計、割戻金が多い)を。

「保険は、専門家でないとわからない?ので、専門家が説明する」という、ごまかし。

実は、複雑な商品にして、素人にわからなくしています

良くわからないので、困っていると専門家のような顔をした勧誘員(販売員)が出てきます。

都合が良いように説明し、売りつけると言う仕組みです。

ややこしくて、よく分からないものほど、悪い商品と考えて良いです。

以下の本のように「だます」「わな」「損」と言う言葉が使われるのが、保険の特徴です。

「思わぬ大損」は、あなたの「すぐそば」にあります。
1.銀行、保険、証券の営業は、あなたの味方ではない
2.店や訪問での「お勧め商品」に良いものはない

銀行口座に、大きなお金を置いておくと、営業に狙われます。

良く電話でかかってくるのが、銀行からの被害を訴える話です。

メガ銀行、地方銀行が多いです。

よくあるのが、銀行預金に大きなお金をおいて、営業に狙われたケースです。

口座の情報は、営業に筒抜けになっています。(入れたら、即日伝わるらしい?)

ちょっとでも、預金口座に大金があれば、細心の注意が必要です。

営業が来たり、セミナーに誘われたりして、外貨建て保険に加入させられたという話です。

セミナーで、行員数人に囲まれたという話も聞きました。

相手は、販売のプロです。素人では太刀打ちできません。

話を聞いてからと、油断をしているとダメです。

何も聞かず、最初にハッキリ断ることです。(良い話はありません)

ほとんどが、外貨建て保険などで、数百万円~数千万円の契約をさせられます。

しばらくして、数百万円の損がわかる。・・これがよくあるパターンです。

保険ショップ、保険営業も、似たような方法で、売っています

電話相談や聞く話でも、非常に多いので、「必ずあなたにも起こる」と思ってください。

そうでなければ、あれほど大量に売れるほど、魅力もなく、複雑で、人気が出るはずがない、リスクが非常に高い商品だからです。

相続財産に、本人が買わないはずの商品があるミステリーとは

相続が発生した場合に、銀行預金など相続財産の手続きをすることがあります。

それをやると、最近非常に気が付くことがあります。

相続財産ですから、亡くなった人は、高齢の70,80,90歳代です。

そのような方が、どんな財産を持っているか?

預金は良いとして、ハイリスクの投資信託とか、海外株式とか、金融商品に詳しい私が聞いても、どんな性格の商品かすぐ判断できない特別な「仕組債」が、しばしば出てきます。

高齢の方が、これほど複雑な商品を、主体的に自分の判断で買うはずは、絶対にありません

説明されても、商品はおろか、ソンかトクかすら、全くわからないはずです。

多くの場合、売っているのは、メガ銀行でした。

証券会社の商品を、銀行が代わって売っています。

こんなケースは、まれではありません。

お金を持っていて、わからない、断れないのを良いことに、高齢者が狙われます

FP?の「無料」相談・セミナーも、要注意です。

よく、老後資金とかいう内容で、FPの無料相談とか無料セミナーとかがあります。

とにかく完全無料には、気を付けるべきです。(本物は、有料が基本です)

最後に「商品の話」が出たら、少しでも変だと思ったら、帰ってください

FPと名乗る人が100人いても、本物は1人もいないと考えてください。

多くがFPと言いながら、実は「商品販売営業」です。

最近よく出てくるのが、「外貨建て保険」の営業です。

それは、本物のFPではありません。FPの名を借りた「保険営業」です。)

無料で引き付けておいて、商品を販売するパターンです。

多くは、参加者が少し変に思うようですが、契約してしまう人も多発しています。

大事なお金です。簡単に契約しないでください。

本物のFPの見分け方とは?

金利が高い=リスクが高いこと!!

外貨建て年金保険などで、一番錯覚するポイントは、金利が高いということでしょう。

「金利が高いとは、リスクが高い」ということです。

リスクが同じなら、皆金利が高いものを買うはずです。

リスクが高いから、金利のオマケをつけないと買わないから、高いのです。

「セールストーク」としては

日本は低金利、預金は0.01%

一方、外国は金利が高い、3%とか5%とか。

だから、「日本にお金を置いていたら損ですよ、外貨建て保険が、何十倍も得です。」

このような「素人に分かりやすく、錯覚されやすい、単純でもっともそうな理屈」で紹介されます。

こんな説明は、「トリック」でしかありません。(だまされないように)

本当なら、日本全員が、全財産を高金利の海外に投資すれば、大金持ちになるはずです。

(専門家は、そんなバカなことはしません。)

ところが、バブルの時代~今現在まで、為替で大損している例が山のようにあります。

金利が高い国は、物価上昇が大きいとか、通貨価値に不安があるので、金利が高いのです。

将来、通貨価値(為替)が変わり、金利分が変わるので、「結局得でなかった」「大損した」となりがちです

これを、あえて、わかりやすい例にしてみましょう。

見かけは同じに見えるトマトが、2個あったとします。

1つ100円のものと、1つ70円のものです。

これで、どちらが得でしょうか?

値段だけ見れば、たしかに70円のトマトが、トクに見える。

しかし、100円のトマトは新鮮で、明日も100円で売れる。

しかし、70円のトマトは、熟しすぎていて、明日はボタボタになる。50円でも売れない。

だから、今日は、70円にしてでも、売ろうとしているのです。

価格や(利率)だけ見て、ソントクを判断してはダメということです。

老後資金を増やしたいなら、納得できる方法で行う!

きちんと運用しなければ、国の年金が減る中、老後の安心はない。

外貨建て保険とは、売る人が儲けるためだけの商品と言っても過言ではありません。

商品には、普通メリットもあり、必ずデメリットもあります。ですから、自分に合っているか、合わないかを検討します。

ただ、この商品に合っている人は、考え付きません

ほぼ誰に対しても、必要性がありません

ですから、すぐにやめるべきでしょう。

本当に老後資金を増やしたいなら、次のようなことをきちんとやらないといけません。

「商品を買ったら終わり」などという、安易なことで、老後資金ができるはずはありません。

資産運用「7つの顧客本位」とは?

  1. 中長期であなたの資金、資産が増えることを、第一目標とします。
  2. 現在の資産・収入・家族状況と将来まで考えて、一番望ましい方法で考えます。
  3. どのような疑問や質問でも、丁寧に分かりやすく答え、実行まで支援します。
  4. デメリットやリスクについても、納得できるまで、全てお話しします。
  5. 金融機関のような2,3年での人事異動がないので、一貫した方針で進められます。
  6. 定期的なメンテナンス話し合いを行えますので、いつでも納得できます。
  7. 資金だけでなく、法律・不動産についても、ワンストップで、すべて相談できます。

基本に従って、理論や見通しがあり、実績のある老後資金作り
①方法②継続の2つがポイント。15年の実績があります。

  1. 基本の運用の理論(セオリー)に沿って行う。(基本の理解が大事)
  2. 将来の必要な資金を想定して、運用資金、方法を決める。
  3. 資産配分を最も大事に行う。(商品選びが、一番大事ではない)
  4. 5年以上の中長期での運用をする。(確実性を上げる)
  5. 商品は、実績とデータを確認して選ぶ。(会社、指標、商品の歴史)
  6. 毎年継続して管理をして、見直しと修正をする。(根拠を持って、データで)

中長期の運用で、確実性が高い方法があります。
これが、「老後資金作り」に一番向いています。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

外貨建て保険、個人年金保険、財形・・どれも不要
本当に老後資金を作りたいのであれば、方法は1つ。

外貨建て保険、個人年金保険、財形も含めて、どれを買っても満足な老後資金ができることはありません。

簡単に言えば、保険や預金(財形)では、老後資金はできません。

わずか増えることがあっても、非常に効率が悪いものです。

なぜこのような目的に合わない、おかしな商品が売れるのか?

保険屋さんがたくさんいて、熱心に「保険」と名のついた商品を売っているからです。

なぜ熱心に売っているか?

手数料が高いので、売る人が儲かる。

勧める人も、よく意味がわかっていない。(保険の販売員なので)

よって、お互いが分からないままに、イメージで契約しているからです。

しかし、結果は当然ながら増えません。

それどころか、外貨建て保険など、大損する可能性が高いです。

あらゆる人が老後資金を作れる可能性がある方法は、たった1つしかありません。

重要なのは、「商品」ではなく、「方法」なのです。

その他、不動産投資、金、FX・・いろいろあっても、どれも「プロのスキル」が必要です。

何年間も、数十年後も、上手く行く「証拠」が何もないです。

素人は、もし、いま良かったとしても、数年間。

ほとんどの人は、老後資金作りとしては失敗に終わります。

老後資金作りの確実性が高い運用法が「パーソナライス運用法」です。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

無料相談実施中!
(面談30分)
コロナ対策有

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 ※土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

プロフィール

代表 半田 典久
資格
  • 国際上級ファイナンシャルプランナー(CFP)
  • 行政書士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士

ご連絡先はこちら

老後資金とお金の悩み相談センター

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

主要活動地区

東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江、練馬、日野、多摩

電話受付時間

9:00~20:00 (土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

親の遺言と相続の専門相談センター(調布)

相続・遺言・家族信託・離婚については、以下をクリックしてください。

詳しくはこちら

FPファイナンシャルプランナー探しネット

詳しくはこちら