資産運用・投資信託・老後資金・生活設計・不動産・相続の悩みを、国際上級ファイナンシャルプランナーが、プロの視点から相談・解決します。(東京)

住所:〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
主要活動地区:東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

8:00〜20:00 ※土日祝も可

外貨建て保険は、「苦情・問題多発」商品です。

NHK「クローズアップ現代+」H30.10.30放送
保険、投資信託の金融商品トラブルが非常に増えている実態とは?

街で非常に良く売られている「外貨建て保険」商品。

「カラクリ」に気が付いた人から、クレーム・苦情2500件以上消費者センターなどに来ています。

(日経:H30.12.12に問題の報道記事あり)

(R1.6月にも、朝日や日経に問題記事あり)

(カラクリに気づいていない人が、ほとんどです)

そもそも、なぜ日本にいるのに、米ドルや豪ドルなど「一時払いの外貨建て」保険なのでしょうか?

リスクに備えるのであれば、日本円の保険に入れば、十分です。

そもそも、すでに多くの人は、十分な保険に入っています

(世帯平均では、年間40万円も保険に入っている。月3.2万円も

なぜコストを掛けて、また保険ですか?(しっかり、また保険料もはらうことになります)

おかしいと思いませんか?

なぜ、こんなに、あちこちで勧められるのでしょうか?

その理由は、手数料が高く(初期に7%程と推定)売る人がすごく儲かるからです

今、銀行では外貨建てが9割です。(誰でも構わず、勧めている状況です)

本来の融資で儲からないので、高い手数料で稼ごうということのようです。

(内部の人の話では、多額の預金があると、そのリストが毎朝営業担当にわたり、営業ターゲットにされるようです。銀行に行くたびに、毎回しつこく営業を掛けられる人もいます)

初期の支払いが1000万円なら、ただ売るだけで70万円が手数料で儲かるということです。

手数料を明確にしている投資信託の手数料が話題になりがち(せいぜい最大3%)ですが、それをはるかに超える、こんなにバカ高い手数料を取る投資信託は、ありません。

(投資信託は、手数料などがハッキリ書かれているのに、この商品は秘密にされています。

生命保険商品は、多くの会社で手数料が表示されませんので、不明朗なだけでも大問題です。手数料を明確にしないのは、明確にすると、その高額さに驚かれるからだと、思われます。)

数字だけ見ると、表面利回りが高いように書いていますが、実際はトリックです。

そうではありません。預金の利子と単純に数字だけで比較してはいけません

例えば、積立利率「3%」とか・・素人が、「低金利時代に、こんなに高い利回り!得だ!」と素人が勘違いするように、数字が書かれています。

預金が、0.01%に比べれば、「すごく得だ!」と考えても不思議ではありません。

保険と言っていますが、むしろ現実は「運用・投資商品」です。

為替に投資していることになります。

為替は、株式より予想が付きにくく、動く幅も同程度、むしろ株式より危険でしょう。

これも、保険だから安心?とか元本保証?とかを感じさせることで、錯覚させています。

さらには、多額の「運用での集中投資」という最悪の状況になります。

ドルや豪ドルなど、1つの通貨に集中投資するのですから、リスクが集中します。

安心・元本確保どころか、元金を大きく減らす可能性があります。

複雑な商品なので「素人に錯覚させやすい商品」ができます。

仕組みが分かる人は、ほぼいません。

説明資料は、ものすごく複雑に書かれています。

素人は、要するに「何を言っているかわからない」です。(分かりにくい商品は最悪です)

解約する時に大きく減った、実際の利回りが低いことに気が付いた人からのクレームです。

商品により内容は違いますが、どれも安全、大丈夫のような「錯覚」を与えます。

<買う人が持つ錯覚の例とは?>

保険=リスクに備えて安心?今より、安心度が高まる?

終身保険=一生これで安心?

お金が増えるかも?=良いことじゃないか?

将来になるほど、受取が増える?=良いことじゃないか?

毎年決まったお金がもらえる=預金より得なのでは?

お小遣いがもらえる=何かトクした感じ??

利回りが高い=日本の預金よりずっと得では?

保険=投資ではないので安全?元本保証?

このような、数々の事実とは違う素人が勘違いする「錯覚」を生み、つい契約しがちです。

しかし、「デメリット」は、こんなにあります。

★デメリットは、「読めないような小さな文字、専門用語など」で書いてあります。

複雑で「何を言っているか分からない」ように書いてあります。

1.為替が思った方より、逆に振れたら大損。(バクチと同じ)

2.10年以内とか短期で解約したら、大損。(数百万円の損)

3.元本を上回るのは、ものすごく長い期間が必要。(つまり、ずっと元本割れ)

4.利回りは、良くない。(数字のマジックで、実は日本の利回りと変わらない)

5.契約した人が、結局全部のリスクを負っている。(売る人は、ノーリスク、手数料で儲かる

6.保険期間中、ずっと保険に必要な費用を払っている。(いらない保険だったのに)

保険会社は、「どうしても保険が売りたい」のです。

7.途中解約しようと思ったら、さらに大損になるので、解約を思いとどまる。

結局「長期間逃げられない」「10年以上も運用の機会を失う」ことにもなります。

解約の損か、損を無くそうと思って、増やせる時間を失うという「ダブルの損」。

一旦買ったら、「どうしようもない」ということです。

つまり、買う人には、デメリットしかないと言っても良いでしょう。

これら商品は、数百万~1000万円ものお金を「一時金」で払います。

つまり、外貨(米ドル、豪ドル)などに、集中投資をすることになります。

保険というより、リスクの高い投資そのもの、さらに危険度が高い「集中投資」です。

多額の集中投資は、投資の中でも最も避けなければいけない・・基本の基本です。

元本確保といっても、「外貨基準での元本確保」です。

「日本はゼロ金利、海外は金利が高い・・だから海外が利回りが高くトクだろう」という「素人判断」を狙っています。

本当にそうなら、金融機関も個人も、日本円を全部海外に投資すれば良いのです。

また、保険だけでなく、日本人全員預金も、全て金利が高いドルにすれば、良いのでは?

プロはそんなことをする人はいません。トクではないことが分かっているからです。

利回りの差は、あとで為替で調整されるので、結局何も得にはならないのです。

そういう理論の背景があるので、「海外の高利回りが有利」と思うのは素人だけです。

昔から海外に投資した生保なども、ずいぶん為替で損を負っています。

為替でさんざん損をしてきた生保が勧める為替商品・・これだけでも矛盾ですね。

クレームや苦情が、2500件以上と、昨年の3割増し。(まだ、気が付かない人も多数)

60歳以上からのクレームが多く、80歳以上の高齢者は、家族からのクレームだそうです。

80歳以上など、どう逆立ちして考えても、「1ミリ」の必要性もありません。

それでもまだ、銀行や生保も、さらに「外貨建て生命保険」販売に力を入れるとのこと!

手数料で儲けることしか、頭にないのでしょうか?

今頻繁に相談されるのは、判で押したように「外貨建て生命保険」です。ご注意を!

金融機関に相談しない人が増えている、その理由は?
銀行や生保とは、ここが違います。

街で良くあるのが、しつこい電話や訪問営業、資産も収入も家族もわからずに、ノルマ商品を売り、メンテナンスもなく、すぐ担当が代わり、次々とパンフレットで、商品を提案し、短期で商品を入れ替えて手数料で稼ぐ」方法です。・・これで資金が増えたら、不思議です

手数料収入で、ほとんど取られるので、買った人は、段々資産が減っていくのが普通です。

こんなことにならないために、当方では「7つの顧客本位」のお約束があります。

資産運用「7つの顧客本位」とは?

  1. 中長期であなたの資金、資産が増えることを、第一目標とします。
  2. 現在の資産・収入・家族状況と将来まで考えて、一番望ましい方法で考えます。
  3. どのような疑問や質問でも、丁寧に分かりやすく答え、実行まで支援します。
  4. デメリットやリスクについても、納得できるまで、全てお話しします。
  5. 金融機関のような2,3年での人事異動がないので、一貫した方針で進められます。
  6. 定期的なメンテナンス話し合いを行えますので、いつでも納得できます。
  7. 資金だけでなく、法律・不動産についても、ワンストップで、すべて相談できます。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

本当に老後資金を増やしたい場合は、きちんと裏付けのある方法で行うこと!

きちんと運用しなければ、国の年金が減る中、老後の安心はない。

外貨建て保険とは、売る人が儲けるためだけの商品と言っても過言ではありません。

商品には、普通メリットもあり、必ずデメリットもあります。ですから、自分に合っているか、合わないかを検討します。

ただ、この商品に合っている人は、考え付きません

ほぼ誰に対しても、必要性がありません

ですから、すぐにやめるべきでしょう。

本当に老後資金を増やしたいなら、次のようなことをきちんとやらないといけません。

「商品を買ったら終わり」などという、安易なことで、老後資金ができるはずはありません。

以下のような方法でなければ、老後資金は作れない!

  1. 基本の運用の理論(セオリー)に沿って行う。(何ごとも基本の理解が大事)
  2. 将来の必要な資金を想定して、運用資金、方法を決める。(必要な程度のリスク)
  3. 資産配分を最も大事に行う。(商品選びが、一番大事ではない)
  4. 5年以上の中長期での運用をする。(確実性を上げる)
  5. 商品は、実績とデータを確認して選ぶ。(会社、指標、商品の歴史)
  6. 毎年継続して管理をして、見直しと修正をする。(根拠を持って、データで)

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

金利が高いことは、得をすることではない

外貨建て年金保険などを提案される場合に、一番「良いのではないか」と錯覚するポイントは、金利が高いということではないでしょうか?

「セールストーク」としては

日本は低金利、預金は0.01%

一方、外国は金利が高い、3%とか5%とか。

だから、「日本にお金を置いていたら損ですよ、外貨建て保険が、何十倍も得です。」

このような「素人に分かりやすく、錯覚されやすい、単純でもっともそうな理屈」で紹介されます。

こんな説明は、「トリック」でしかありません。(だまされないように)

これが本当なら、日本全員が、全財産を高金利の海外に投資すれば、大金持ちになるはずです。

(専門家や少し物事を知っている人は、そんなバカなことはしません。)

ところが、バブルの時代~今現在まで、為替で大損している例が山のようにあります

金利が高い国は、物価上昇が大きいとか、通貨価値に不安があるので、金利が高くなっているのです。

将来、日本にお金を戻すときには、海外の通貨価値(為替)が変わり、金利分が変わっているので、「結局何も得でなかった」「大損した」ということになりがちです。

これを、あえて、わかりやすい例にしてみましょう。

見かけは同じに見えるトマトが、2個あったとします。

1つ100円のものと、1つ70円のものです。

これで、どちらが得でしょうか?

値段だけ見れば、たしかに70円のトマトが、トクに見える。

しかし、100円のトマトは新鮮で、明日も100円で売れる。

しかし、70円のトマトは、熟しすぎていて、明日はボタボタになる。50円でも売れない。

だから、今日は、70円にしてでも、売ろうとしているのです。

100円のトマトと70円のトマト、価格(外貨保険の場合は、利率)だけ見て、ソントクを判断してはダメですよということです。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

無料相談実施中!
(面談30分)

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 ※土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

プロフィール

代表 半田 典久
資格
  • 国際上級ファイナンシャルプランナー(CFP)
  • 行政書士
  • 証券アナリスト

ご連絡先はこちら

将来資金と住宅ローン相談センター

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

主要活動地区

東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江、練馬、日野、多摩

電話受付時間

9:00~20:00 (土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

親の遺言と相続の専門相談センター(調布)

相続・遺言・成年後見・離婚については、以下をクリックしてください。

詳しくはこちら

FPファイナンシャルプランナー探しネット

詳しくはこちら