資産運用・投資信託・老後資金・生活設計・不動産・相続の悩みを、国際上級ファイナンシャルプランナーが、プロの視点から相談・解決します。(東京)

50歳からの、あなたのどんな不安と質問にも答えます。

老後資金とお金の悩み解決センター

住所:〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-9
主要活動地区:東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江

お気軽にお問合せください

03-3430-9011

電話受付

9:00〜20:00 ※土日祝も可

よくある質問

よくあるご質問 (1)

ここではよくあるご質問をご紹介します。

資産がない私の場合でも、生活資金が改善しますか?

はい、改善します。

人により程度の差はあっても、必ず改善します。

10年も時間があれば、全く違う結果になります。

おすすめ商品など、どんなに買っても、10年たっても成果なしです。

ほぼ全員の方が、間違ったことを、「常識」と信じてやっているからです。

最低でも、数百万円の改善効果が期待できます。

当然、貯金や資産が多ければ、1000万円以上変わって来ることになります。

年齢が高いですが、私の年齢でも、良いですか?

はい、大丈夫です。

年齢に関係なく、生きている以上、お金は必要です。

収入や資産が同じでも、使い方、増やし方によって大きな違いが出てきます。

また、親の相続は、大きなリスクになることもあります。(相続税、分割、不動産)

具体的にどのようになるのか?しっかり、具体的に見ておくことが必要です。

私にも分かるか不安だし、本当に私にもできるでしょうか?

はい、できます。もし、出来なければ、全てサポート・代行します。

誰にでもわかるように、あなたに合せて説明をします。

疑問があれば、自由に質問をしてください必ず分かるように説明します

もし自分で出来ない、心配だ、難しいことは、私がサポートしたり、私が全て代わって行います。

ですから、必ずできます

よくあるご質問(2)

ここではよくあるご質問をご紹介します。

何をを聞いていいのかわかりませんが、良いでしょうか?

はい、どんな相談でも大丈夫です。必ず答えを出します。

生活設計、お金関係すべて、不動産、ローン、税金、法律的なこと・・

具体的には、資産運用、保険、住宅ローン、自宅のこと、相続や離婚のことなど

どんなことでも、必ずお答えします。

相談したい時は、資料など整理・持参が必要ですか?

はい、特に整理をしなくても良いです。私が整理します。

状況や不安に思っていることを教えていただければ、そこから私が整理します。

できれば、何でも良いので、関連の資料があれば、より良い話ができます。

過去、どんな質問、状況にも対応してきました。必ず何とかします

相談したい時はどうしたらいいの?

近くであれば、面談をお願いします。遠方ならスカイプ相談もします。

原則、電話相談はしていません。状況がよくつかめないからです。

近くであれば、ぜひ面談をしてください。

遠方の場合は、スカイプによる相談もできます。

よくあるご質問(3)

ここではよくあるご質問をご紹介します。

銀行ですすめられた商品は、良い商品ですか?

いいえ、ほとんどがお勧めできないものです。

銀行が勧める商品は、「自社が儲かる商品」のみです。

彼らは、「商品を売るプロ」です。

決して、買う人のお金を増やすプロではありません

店にいる人や営業担当者は、「商品説明員」です。

そもそも、専門家ではないです。

ノルマに従って、会社が売りたいものを売っています。

また、売られるのは、過去の実績のない、「新商品」が多いです。

個人年金保険、ファンドラップは良い商品ですか?

いいえ、違います。

お客に「説明しやすい、売りやすい」というだけの商品です。

会社方針、上司命令、ノルマで売っているものです。

手数料などが高く、儲かるから売っているだけです。

「おススメ商品には、買うものはない」と考えても良いです。

「自分のお金を増やしたい」のであれば、違うものを買わないといけません。

資産運用は、沢山お金がある人がやるものでは?

いいえ、違います。お金のない人には、それなりのやり方があります。

お金がない人でも、積立方式を使って、資産運用ができます

今、預貯金がゼロであっても、収入があれば、運用ができます。

30分無料相談となっていますが、それを超えるとどうなりますか?

30分を超えると、有料で8000円~になります。

相談は、土日祝日や夜間も出来るのでしょうか?

予約していただければ、土日や祝日、夜も9時頃までは大丈夫です。

相談は、やはり夫婦で行くべきですか?1人で行くべきですか?


内容次第ですが、両方に関係する住宅などは、ご夫婦で来ていただくのがベストです。
同時に同じ話を聞いて、意見調整をした方が良いです。
1人では、意見が違いがちになり、説得するのが難しいです。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

今外出できないのですが、自宅に来ていただくことはできますか?

できます。ご相談ください。

どこへ相談したら良いか分からないことですが、
そちらで相談できますか?

何でもご相談ください。ほぼ、どんなことでもお答えします。
今まで、本当にいろいろなタイプの相談がありましたが、どれも全部答えてきました。この答えられる「幅の広さ」が、私の特徴です。

面談で必要な資料は、どんなものですか?

手持ちの関係しそうな資料があれば、お持ちください。
無くても結構です。

最初に、何から相談すれば良いのかわかりません。

思うままに、今考えていること、悩みをお話しください。

こちらに書いてないことを、お願いできるのでしょうか?

調査、検討、状況判断をして、専門家の紹介や見積りをします。
まず、どんなことでも相談に来られることをお勧めします。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

ファイナンシャルプランナーと、保険販売員は違うのですか?

全く違います。もし、保険しか扱わないなら「ファイナンシャルプランナー」ではなく、実は「保険の販売員」です。

銀行、証券会社、保険代理店、不動産業者など、各専門会社に相談するのと、何が違うのですか?

上記のようなところは、「商品販売」が目的です。
FPの場合は、お客様個人の立場で「何がベストか?」を考えます。

保険だけ、お金の運用だけのように、部分的な相談でも良いのですか?

部分的でも良いですが、全体的に相談すると、大きなムダ減らしができます。

ほとんどの方は、商品ごとにモノを考える癖がついています。

例えば、保険は、保険だけで考えて、どれが良いとか考えがちです。

しかし、保険は、預金や運用と一緒に整理する必要があります。

運用や預金が十分であれば、保険は全くいらないことも多いです。

このように総合的に考えると「究極のムダ減らし」ができます。

一覧へ戻る

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

預金や国債が全ての財産ですが、これで本当に良いのでしょうか?

インフレなどで目減りし、お金が増えないリスクがあります。

預金だから、国債だから安全とは言えません。

数字は変わらないですが、実際は、毎年少しずつインフレが進んでいるので、20年もたったら、2割以上目減りしていることにもなります。

ですから、ただ貯めているだけでは、守ったことになりません。

やはりインフレに負けて目減りしないように、運用をすべきでしょう。

これからの年金が不安ですが、どうすればよいのでしょうか?

破たんはないです。国民年金・厚生年金は必ず継続してください。

少子高齢化で、年金が減ったり、支給開始年齢が遅くなるかもしれません。

しかし、終身で受け取れる年金は、なかなかないので、国の年金は重要です。

キッチリ支払っておくことが、最低限必要です。

死亡した場合や、障害者になった場合でも、国の年金は助かります。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

金融機関で投資信託を勧められました。
本当に良い商品なのでしょうか?

避けた方が良いと思います。

魅力的な説明の商品かもしれません。

しかし、金融機関は、手数料商売です。

買った人が利益が出る商品ではなく、売った人が手数料を得るために売っています。

良い商品であることは、かなり少ないと思ってください。

また、買った後も次々と商品を勧められるのが通例なので、やめておく方が良いです。

投資信託を2,3本持っていますが、これで資産の分散になりますか?

資産配分が良くない可能性が高いと思います。

ほとんどの方は、商品の中身をあまり気にしていません。

そのため、分散になっていないことが多く、商品の数だけが多いです。

よく言われる「資産の分散」をするには、それなりの知識と経験が必要です。

外国のものは為替のリスクもあって不安です。日本の商品だけでも良いのではないでしょうか?

外国物は確かに為替リスクがあります。

日本の商品だけでも、ある程度は良いです。

しかし、日本は、世界全体の経済の中で動いていて、そのごく1部でしかありません。

資産分散の意味でも、広く世界に投資することで、収益を増やし、リスクを減らすことになります。

日本国債が暴落するという話しが出ています。
現在国債をかなり持っていますが、どうしたら良いのでしょうか?

外国の資産も持つようにしましょう。

国債の暴落があるかどうかは、今後のことなので、よくわかりません。

しかし、そのような場合もあるかもしれないと考えて、海外にも投資しておくことが、リスクの分散になります。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

資産の運用に、どの程度の資金を振り向けるべきでしょうか?

基本は、3~6カ月の生活費程度を除いて、全部運用にすべきでしょう。

当面使う予定のある生活費を除いて、出来るだけ資産の運用をしましょう。

預貯金は、すぐ使うようなお金の待機場所です。

ずっと貯める場所ではありません。

待機場所ということは、お金が死んだ状態になっているということなので、出来るだけ運用に回さないと、生きたお金になりません。

少なく回したのでは、ちっとも増えないことになります。

いつ投資信託を買ったらよいかわかりません。
タイミングをどのように判断すべきなのでしょうか?

今すぐ始めましょう、

一番良いタイミングというのは、結果論で誰もわかりません

とにかく、始めること、投資し続けること」が大切です。

始めることで、関心が持てたり、情報がキャッチできるようになるので、まず始めることが肝心です。

値下がりした投資信託は売るべきか、まだ待つべきか悩んでいます。
どうしたら良いでしょうか?

売却した方が、良いと思います。

売却した方が良いです。

普通の方は、損が出るので、元本に戻るまで待ちたがり、金融機関も止めます。

しかし、損を出し、早く整理をして、前向きに良い運用を始めることが重要です。

損の感覚を引きずると、その後の運用も上手く行かないものです。

早く良い運用を始めることが、結果として一番早く利益を出せることになります。

バランスを取る、分散すると言いますが、具体的にどのようにすれば良いのかわかりません。

まず、余裕資金を計算することが必要です。

株式や債券、海外や日本などのように、性格の違う資産を組み合わせることです。

ただ、商品の数を増やしても、中身が同じ種類なら、意味がありません。

中身を見て、収益性と安定性があるように、分散しないといけません。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

分配金が出る投資信託は、よく売れているようですが、
一部に良くないという意見もあり、どうしたらよいかわかりません。

高齢者が年金の補充に使うのには向いています。

分配金が出る投資信託だからと言って、それだけで良し悪しは決まりません。

ただ、分配金が多い(金額や回数)ような投資信託は、好ましくありません。

理由は、分配金を出すと、運用する資金が減りますし、出す都度、税金がかかります。

理想は、分配金を出さないのが、運用上は一番良いと言えます。

一覧へ戻る

よくあるご質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。

投資運用をするには、大きなお金が必要ですね?

いいえ、少額からでもできます。積立投資を使うことです。

毎月一定金額を貯金するというのが、昔からあります。

しかし、ただ貯金するのは効率が悪いです。

そこで、いつでもだれでも行えるのが「積立投資」。毎月1万円とかでも可能です。

ただ貯金との違いは、商品を選ばないと、やはり効率が悪い話になります。

今は、教育資金も、老後資金も積立投資が外せません。

教育資金は、学資保険が一番良いのか?

学資保険は、非常に効率が悪い方法です。積立投資を考えましょう。

昔から、ネーミングが良いせいか、「教育資金は学資保険で」と刷り込まれている人が多いです。今のような低金利の時に、学資保険は不向きです。

積立投資が一番良いです。子供向けのNISAが、税金上の特典もあり、一番向いています。

NISAって、何ですか?使うべきですか?

個人投資家のための税の優遇制度です。
毎年120万円の枠があり、非課税でお金を運用できます。

これは、絶対に使うべき制度です。

通常20%も掛かる税金が、掛からなくなるからです。

私たちの老後資金などを効率よく作っていくためには、必須の制度です。

悩みや問題が解決し、将来に見通しが立つ。
ご質問・面談予約は、以下からどうぞ。

スマホは、下の電話番号のボタンを押せば、掛けられます。

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も可
※すぐ出られない場合、後で折り返し掛けます。

無料相談30分・面談)を実施中です。

どんな相談でも歓迎します。必ず「見通しや解決策の方向」を提示します。

無料相談実施中!
(面談30分)
コロナ対策有

相談予約・ご質問はこちら

03-3430-9011

電話受付時間:9:00〜20:00 ※土日祝も可
※面談などで出られない場合、後で折り返し掛けます。

プロフィール

代表 半田 典久
資格
  • 国際上級ファイナンシャルプランナー(CFP)
  • 行政書士
  • 証券アナリスト
  • 宅地建物取引士

ご連絡先はこちら

老後資金とお金の悩み相談センター

運営元

多摩プランニングオフィス

住所

〒182-0022
東京都調布市国領町8-2-9

主要活動地区

東京、調布、府中、三鷹、世田谷、武蔵野、狛江、練馬、日野、多摩

電話受付時間

9:00~20:00 (土日祝も可)

その他

ご自宅での相談も可能です。
※出張相談料+交通費要

03-3430-9011

親の遺言と相続の専門相談センター(調布)

相続・遺言・家族信託・離婚については、以下をクリックしてください。

詳しくはこちら

FPファイナンシャルプランナー探しネット

詳しくはこちら